個人情報流出と借金苦

個人情報流出借金苦というテーマで今回は進めていきたいと思います。


これには2つのパターンがあって、借金苦に陥っていることが個人情報の流出によってバレてしまうパターンと、借金苦に陥っている人間がお金ほしさに個人情報を売るというパターンがあります。


大きな事件となったニュースをご紹介してみます。まずは後者のパターン。


『イザ!』というニュースサイトで読んだのですが、三菱UFJ証券からから約148万人分の顧客情報が流出した事件。これは典型的な借金苦で苦しんでいる人が、お金欲しさに個人情報を流出させた事件です。


この事件の容疑者は、「消費者金融3社に約560万円の借金があり、返済に窮した」と供述しているらしいんです。


消費者金融は金利高いですからね。いくら一流企業勤務でも三社から500万を超える借金苦を抱えては、ちょっと返済は厳しいでしょうね。


で、その借金苦に陥った原因が何かというと、ストレス発散のためのキャバクラ通いとのこと。生活費とかじゃないので、私なんかはちょっと同情もできないんですが、まあ借金苦にも色々あるってことですね。


ところで、このように借金苦から抜け出すために個人情報を流出させた彼が手にした報酬は一体いくら位なのか。・・・9000人分でわずかに30万円強らしいです。焼け石に水、ですな・・・。


もう一つは大手消費者金融「レイク」絡みの事件。


消費者金融大手のGEコンシューマー・ファイナンスで、5万6913人分の個人情報流出ありました。流出したのは、2004年1月に、傘下の消費者金融「レイク」のローンを利用していた顧客の住所や氏名などの個人情報。融資額などの情報が含まれていたかどうかは明らかにしていませんが、流出した情報によっては、悪用が可能で、借金が嵩んでいる人を特定できる可能性もゼロではありません。


もっとも、流出した個人情報から、たとえばある人が借金苦になっている事実を突き止め、本人周辺にバラすぞ、なんて脅したら、当然罪に問われますが、そういう悪用の可能性があるというだけでも気持ち悪いですよね。


一番の問題は、前者の例はともかく、後者のような場合、私達に防衛策がないことですよね。まあ、少しでも早く借金苦から抜け出して、身をキレイにしておくことくらいですかね。個人情報が流出しても、あまり影響がないように。




  

応援よろしくお願いします。 → 

管理人「たかぽん」が運営しているサイト

借金問題に強い弁護士・司法書士
全国対応・初期費用無料・費用分割可能な弁護士・司法書士を厳選して紹介しています。
おまとめローン比較サイト
おまとめローンを利用すれば、月々の返済額が減るだけでなく、使い切っていた融資枠が復活しますよ!
ネット副業で月7万円以上稼いでいます。報酬の証拠画像あり。
債務整理するにしろ、おまとめローンを利用するにしろ、収入を増やしておかないと、また借金に頼らざるを得なくなりませんか?私が実践して、 成果を上げている方法をご紹介します。

▲このページのトップへ

シミやシワ