借金苦が原因で自殺する人はどのくらいいるのか

借金苦自殺でなんて、絶対にしないで下さい!というのが、このサイトで私が伝えたいメッセージのひとつです。


他の記事の中でも繰り返し叫んでいるので、耳にタコかもしれませんね。自己破産等、債務整理を筆頭に、要するに、借金苦には抜け出す方法がいくつもあるんだから、自殺するほどのもんじゃない、ってことなんですが、今回はちょっと見方を変えていきたいと思います。


「借金苦で自殺をする人がどのくらいいるのか」。それが今回のテーマです。


これを知るためには、警察庁が自殺者統計というものを出しているので、それを覗けば分かります。以後、17年度の自殺者統計を元に話を進めていきます。


それによると、まず、3255人の人が「生活・経済問題」で自殺しています。借金苦だけではないでしょうが、お金が足りないということで共通してます。


で、この3255人というのが、全体の自殺者の中でどのくらいの割合を占めるかというと、31%。年代などを無視して、トータルで見ると、自殺の原因としては第2位です。1位は4145人で41%を占める「健康問題」です。


ただ、年代のことを考えると、壮年・老人期の人が健康問題で自殺を図るケースが多く、20~50代では「生活・経済問題」が自殺の第一原因となっています。それどころか、20~45歳の男性、15歳~35歳の女性においては、日本人の「死因そのもの」の第1位です。


つまり、おおよそ若い日本人が死ぬのは、借金苦などを背景とした自殺なのです。


これはヒドイことです。
衝撃を受けるべきことです。
悲しいことです。
そして、恥ずべきことです。


借金苦の原因となる貸金業を規制するのはもちろんですが、私達も債務整理など借金苦を抜け出す方法について知識を深め、借金苦が自殺するに値しないものだということを知るべきです。微力ながら、このサイトでそのお手伝いが出来れば、幸いです。




  

応援よろしくお願いします。 → 

管理人「たかぽん」が運営しているサイト

借金問題に強い弁護士・司法書士
全国対応・初期費用無料・費用分割可能な弁護士・司法書士を厳選して紹介しています。
おまとめローン比較サイト
おまとめローンを利用すれば、月々の返済額が減るだけでなく、使い切っていた融資枠が復活しますよ!
ネット副業で月7万円以上稼いでいます。報酬の証拠画像あり。
債務整理するにしろ、おまとめローンを利用するにしろ、収入を増やしておかないと、また借金に頼らざるを得なくなりませんか?私が実践して、 成果を上げている方法をご紹介します。

▲このページのトップへ

シミやシワ