借金だと生活保護は受けられないのか。

借金生活保護が受けられないというのは、半分正解で半分不正解?です。


厚生労働省は生活保護の対象者に関して、『困窮に至った理由は問いません。』とはっきり明言しています。なので、これだけを読むと、借金が理由でも生活保護が受けられないということはない気がしますよね?


しかし実際は収入や支出の調査の段階で借金のことに触れなければならず、そうなるとほとんどの場合、「弁護士や司法書士に相談して下さい」と促されるようです。つまり、債務整理をしなさい、ということです。


借金の返済が生活保護費で行われるのは、どうしようもなく税金の無駄使いです。借金の返済や減額、あるいは免責(全額チャラ!)は完全に債務整理のテリトリーです。債務整理にはよく知られている自己破産だけでなく、任意整理や特定調停など、いくつかの方法があり、ほとんどの場合、債務整理を行うことで、借金返済の負担が減り、生活がラクになります。言い方を換えれば、生活保護のお金を本来の目的で使用できる割合が増えるということです。


しかも、債務整理は実はデメリットのほとんどない制度なのです。このことはあまり知られていませんが、せいぜい数年の間、大きなローンが組めなくなるくらいのものです。将来にわたって、日常生活に支障をきたすようなことはありません。


借金で生活保護が受けられないのではないかと心配している人のほとんどが、債務整理のことを詳しく知りません。それどころか、何か刑罰のように捉えている感があります。ですから、借金のことを隠して生活保護を受けて、そのお金を借金の返済に回そうという、間違った認識が生じているのです。


まとめますと・・・、厚生労働省が明言しているように、借金が理由で生活保護が受けられないということはないのですが、実際は借金を債務整理により減額あるいはチャラにして、それから生活保護の適用になるケースがほとんど、ということです。




  

応援よろしくお願いします。 → 

管理人「たかぽん」が運営しているサイト

借金問題に強い弁護士・司法書士
全国対応・初期費用無料・費用分割可能な弁護士・司法書士を厳選して紹介しています。
おまとめローン比較サイト
おまとめローンを利用すれば、月々の返済額が減るだけでなく、使い切っていた融資枠が復活しますよ!
ネット副業で月7万円以上稼いでいます。報酬の証拠画像あり。
債務整理するにしろ、おまとめローンを利用するにしろ、収入を増やしておかないと、また借金に頼らざるを得なくなりませんか?私が実践して、 成果を上げている方法をご紹介します。

▲このページのトップへ

シミやシワ